育乳クリームの効能は?選び方や使い方を徹底解説!

気になるバストアップクリームの効果について

  • 位置のダウンなど全体的なバストの形に悩んでいる
  • 色々なバストアップ法を試してきたけど、イマイチ効果が実感できていない
  • 肌が弱くて、クリームを塗るとかぶれてしまう…
  • 若いころのようなハリのあるバストに戻したい!

画:バストアップクリームの効果

 

大きくて美しいバスト
それは女性の永遠の憧れ。

 

そんな理想のバストを手に入れるために、日々バストアップに取り組む女性たちがいます。
育乳女子たちの間で、欠かせないアイテムとなっているのがバストアップクリームです。

 

大手口コミサイトを見ても、バストアップクリームでバストアップに成功したと言う口コミはたくさんあります。

 

それでは、バストアップクリームはどんな仕組みでバストアップに効果が出るのでしょうか?
ここでは、気になるバストアップクリームの成分や効果、詳しい使い方まで解説しちゃいます!

 

 

バストってどういう仕組みでできているの?

 

まずは、バストアップしたいなら知っておいてほしいバストの構造について説明します。

 

画:バストアップクリームの効果

 

図を見ても分かるように、バストは乳腺脂肪で出来ています。
乳腺は赤ちゃんが出来た際に母乳を作るのに重要な部分で、乳腺を守るように周りに脂肪が集まるようになっています。

 

この乳腺と脂肪の割合のバランスで、バストの見た目も変わってくると言われており、

 

乳腺が発達している「乳腺型バスト」だと、ハリがあり形も崩れにくいと言われています。
欧米の女性に多いロケット型のバストの形です。

 

脂肪が多い「脂肪型バスト」は、触り心地は柔らかく、仰向けになったときにはバストが横に流れてしまうという特徴があります。
日本を含むアジアの女性に多いタイプで、日本人のバストは9割が脂肪とも言われています。

 

 

乳腺を発達させればバストの脂肪も増えます。

 

女性ホルモンのエストロゲンを増やす効果

乳腺が発達する

バストに脂肪がつきやすくなる

バストアップ!

 

という流れです。
パートナーに胸を揉んでもらうと胸が大きくなる効果があるというのは、迷信ではなくて女性ホルモンが関係していたのです。

 

また、脂肪細胞自体を増やす方法もあります。
一度、体重を増やし全体的に脂肪をつけて、バストの脂肪だけをキープして体重を落とす。
というバストアップ方法は、モデルや芸能人の方も多く取り入れている効果的な方法です。

 

 

バストアップクリームに配合されている育乳成分

 

画:バストアップクリームの効果

 

ご説明したような、「乳腺を発達させる方法」と「脂肪を増やす方法」のバストアップ方法を効果的してくれるのがバストアップクリームです。
バストアップクリームには、バストアップをサポートしてくれる育乳に効果的な成分が配合されています。
それぞれご紹介していきます。

 

 

乳腺を発達させる効果

 

バストアップクリームには、女性ホルモンのエストロゲンに似た効果が期待できる「植物性エストロゲン」が配合されているものがあります。
この、自然由来の植物性エストロゲンをとることによって女性ホルモンを活性化させ、乳腺を刺激します。

 

植物性エストロゲンを含む成分には

 

・プエラリア・ミリフィカ
プエラリア・ミリフィカは、タイを原産とするマメ科の植物で女性ホルモンを活性化するエルトロゲンに似た植物性エストロゲンが豊富に含まれている成分です。
プエラリアを採ることにより女性ホルモンの分泌を促進させ、バストアップをサポートする効果があると言われています。

 

・大豆イソフラボン
プエラリアと同じくエストロゲンに似た効果が期待できることから、ホルモンバランスの調整に効果的です。

 

・ワイルドヤム
ワイルドヤムに含有される主成分となるジオスゲニンには、女性ホルモンを活発にする効果があると言われています。

 

などがあります。

 

女性ホルモンは活性化して、バストアップを目指したい方はこういった成分が配合されたバストアップクリームを選ぶことをおすすめします。

 

 

脂肪を増やす効果

 

バストアップクリームの中には、脂肪の細胞に効果的な「ボルフィリン」という成分が配合されているバストアップクリームがあります。

 

・ボルフィリン
ボルフィリンには、ハナスゲという植物から抽出されるサルササポゲニンという成分を豊富に含みます。
このサルササポゲニンには、塗った部分の脂肪細胞を分化させ増殖、定着させるという効果が期待できるのでバストに塗ることによって、バストの脂肪を増やす効果が!バストに脂肪が増えると弾力もアップし、ボリューム感のあるバストを目指すことができます。

 

ボルフィリンは女性ホルモンに直接影響しない成分なので、ホルモンバランスの乱れが気になる方でも安心して使用することができます。

 

 

どれを購入すればいいか迷う…選び方のポイントは?

 

画:バストアップクリームの効果

 

「バストアップクリームの効果が分かった!使ってみたい!」

 

けど、実際購入するとなるとバストアップクリームの商品数も多く、何を基準にして選べばいいか迷いますよね。
一言でバストアップクリームは商品によって特徴がばらばらです。
これからバストアップクリームを購入する方に、選び方のポイントをご紹介します。

 

 

バストアップの効果を高める成分

 

上でもご紹介したような「バストアップに効果的な成分」が含まれているかチェックしましょう。
まず、「どんな悩みを解消して、どんなバストになりたいか」明確にイメージして、選ぶ際は自分の目的にあった育乳成分を選んであげましょう。

 

また、美容成分のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などが配合されているバストアップクリームは胸ににハリと弾力を与えることができ、垂れずに上向いた美しいバストに近づけることができるのでおすすめです。

 

 

肌への浸透力の高さ

 

バストアップクリームにはたくさんの成分が配合されていますが、その成分も肌にしっかり浸透しなければ意味がありません。
バストアップクリームを選ぶ際は、肌の奥まで浸透しやすくなっているかチェックしましょう。

 

浸透力の高いバストアップクリームは、成分を「ナノ化」や「微粒子化」しさらに効果をアップさせるように工夫して作られています。

 

 

リラックス効果のある香りか

 

バストアップクリームを選ぶポイントとして、癒しの効果がある香りかどうかがあります。
実は、良い香りには精神状態を落ち着かせ、女性ホルモンのバランスを整える効果があると言われています。

 

バストアップクリームを、毎日使うのはけっこう面倒ですが、自分のお気に入りの香りに包まれながらケアできるなら、気分も上がりマッサージも楽しみな時間にすることができますよね。

 

 

使いさすいテクスチャーか

 

バストアップクリームは最初のほうは毎日欠かさず使ってあげることで効果もでてくると言われています。
毎日使うものなので、やっぱり使い心地も重要なポイントですよね。

 

バストアップクリームは商品によって、クリームタイプやジェルタイプ、伸びや固さも違ってきます。

 

個人の好みもありますが、マッサージがしやすい伸びの良いバストアップクリームを選んであげましょう、

 

 

継続できる価格帯か

 

バストアップクリームの効果は、豊胸手術のように即効性があるものではありません。
バストに脂肪を定着させるのにはある程度時間が掛かると言われています。

 

なので、バストアップクリームを選ぶ際は継続できる価格のものでなければいけません。

 

かといって、薬局などの安いバストアップクリームは成分の品質が良くなくおすすめはできません。
成分と価格、容量なども確認して、コスパの良いバストアップクリームを選ぶことで大切です。

 

 

効果をアップさせるには使い方も大事

 

 

バストアップクリームはただ塗るだけで効果が出る!というものではありません。
間違った使い方やをすれば、バストアップクリームの効果も薄れてしまいます。

 

バストアップクリームの効果を最大限に引き出すためにも、使い方のポイントは2つ!
しっかりと理解しましょう!

 

塗るタイミング

 

画:バストアップクリームの効果

 

塗るタイミングは、肌が清潔になっていて血流もよくなっているお風呂あがりがおすすめです。
血流が良くなっていると言うことは、リンパの流れなども良くなっており、バストにも栄養が行き届きやすい状態になっています。

 

できれば1日2回、起きたときの朝と、お風呂上りの夜に使ってあげると効果も高まります。
時間がない方は、お風呂上りの1回だけでもOK!

 

 

塗り方

 

画:バストアップクリームの効果

 

クリームを塗るだけでも肌の保湿効果は期待できますが、本格的にケアを行うならバストマッサージを取り入れてあげましょう。
バストをマッサージすることによって、バストも柔らかくほぐれ血行も良くなりハリが出てきます。

 

簡単なバストアップマッサージ♪

・脇と鎖骨の下のリンパをほぐす
・バストアップクリームをバスト全体に塗りこむ
・脇から中心に寄せるように脂肪を集める
・両手でバストの下から上に持ち上げるようにマッサージする

 

脇と鎖骨の下のリンパを最初にほぐしてあげることで、血流が良くなりマッサージの効果もアップします。

 

マッサージを行う際は、気持ちが良い程度の力加減で行ってあげてください。
力を入れすぎたり、揉みすぎたりすると、クーパー靭帯を傷つけバストの形を悪くしたり、揉みすぎると逆に脂肪を燃焼してバストが小さくなってしまうこともあるので注意しましょう。

 

 

クリームで副作用は起こらないの?

 

画:バストアップクリームの効果

 

バストアップ商品を使用する際に心配になるのが「副作用」の問題だと思います。
バストアップクリームは、サプリメントと比較しても副作用が出たという口コミも少なくリスクも低い方法と言えます。

 

しかしクリームと言えど、プエラリアなどの女性ホルモンに影響する成分を過剰に摂取してしまうと女性ホルモンのバランスを崩してしまう恐れがあるんです。
プエラリア=絶対危険という訳ではありませんが、使い方には注意が必要です。

 

 

このことから、ホルモンバランスを崩しやすい方や10代の方には、女性ホルモンに影響しないバストアップクリームをおすすめします。

 

実際にプエラリアが使われていないバストアップクリームは存在します。
上でもご紹介したような脂肪増殖の効果が期待できるボルフィリンが配合されえいるバストアップクリームが「ラ・シュシュ」です!

 

ラシュシュには、質の高いボルフィリンをしっかり配合。口コミでも話題になっているバストアップクリームです。
トラブルを気にせず、ケアしたい方にはおすすめです!

 

 

詳細はこちら

 

 


TOP ランキング おすすめ 口コミ 薬局の商品 男性でも効果的? ラ・シュシュ